【0~1歳】親子で一緒に楽しめるおすすめの絵本

最近では、0歳児の健診時に絵本をプレゼントしてくれる活動が広がり
絵本の読み聞かせが習慣になってきていますよね。

今回は、わたしが実際に読み聞かせして良かった【0~1歳】親子で一緒に楽しめる絵本を紹介します。

絵本の読み聞かせのメリット

絵本の読み聞かせは、こどもの知能の発達にとってメリットがたくさんあります!

・語彙が増える

・自分で本を読むための下地ができる

・こどもの言語、認知機能の発達を促す

・親子のやりとりが増える

絵本の読み聞かせをしても0~1歳は集中できないので、一生懸命になって読んでいるのは私だけ?と思ったこともありましたが、1歳になった娘は言葉がどんどん増えてきてます。

娘の成長とともに絵本の読み方が変わっていくので、楽しみの一つです。

それでは、おすすめの絵本を紹介します。

いないいないばああそび

「いないいないばあ」の遊び方が分かってくると
自分で絵本をめくりながら、「ばあー」と言っている姿がとても可愛いです。

一人遊びしたり、一緒に遊んだり、飽きずに何度も遊べる絵本です!

ぎゅっ

初めての子育てで疲れていた時に、出会った絵本です。

「ぎゅっ」という言葉だけなんですが、とても温かい気持ちになります。

1歳になった娘は「ぎゅっとして」と言うと体を寄せてくれます。

くっついた

「きんぎょさんときんぎょさんが~」

「くっついた」

同じリズムで何度も繰り返していると
絵本を見なくても「くっついた」と言えるようになりました。

くまのがっこうファーストブックセット

「朝の習慣」「色」「形」「おでかけ」のことが学べる絵本セットです。

娘のお気に入りが「いろいろじゃっきー」

ジャッキーのおしゃれあそびを通して、色が学べます。

親子で絵本を楽しみましょう!

忙しい毎日だからこそ、親子で絵本を読む時間をつくってみると

こどもだけでなく、自分自身にもメリットがたくさんあります。

ぜひ、紹介した絵本を一緒に読んでみてください。